主宰者

吉浦 努
代表取締役/コンサルタント

ワーナーブラザース映画、
マーベルエンターテインメント等の
外資系エンターテインメントを経て
コンテンツ制作会社の運営を20年。
現在はコンサルタントとして数々の
企業や組織のアドバイスを行う。

ノウハウだけでは辿り着けない
成功への本質を伝えるスタンス。

企業の規模や業種を問わず、
あらゆる分野に通じる理論と
目から鱗の知識を武器としている。

成功者の真似をしても成功しない

私自身が50代ということもあり、
同世代の方が何をどう考えているのかが
痛いほど理解できます。

もし世代の近い方がこれをお読みなら、
ぜひチャンスだと捉えて頂きたいです。

何も課題がないなら辿り着かないはずの
このサイトに来られていると言うことは、
少なからずデジタルやマーケティング等の
分かり難い分厚い壁に当たっているかと。

そして、勉強会やセミナーはもちろん、
集客や売上げアップのウワサを聞いては
その手法を真似してみたりしたものの、
どうにも成果が出ない。

そもそもマーケティングってなんだよと。
曖昧で複雑だし、どうせ外国だけで通用する
机上の空論なんじゃないの?と。

そんな感じで多少の失望感を覚えながら
ほとほと困り果てているときに、たまたま
このサイトに辿り着いたかもしれません。

でもそれはやむを得ない事です。

特に日本人の気質なのですが、我々の多くは
新しい情報を取り入れることが昔から下手で、
先を読んで先行投資することも苦手です。

まだ情報を仕入れようとしているだけ良いです。
「現状維持は後退」という言葉は、
まさにこの時代のためにあるようなものです。

なんとなく感じる危機感を胸に情報収集に奔走し、
本やビデオ、セミナーや勉強会ではとても多くの、
更にとても輝かしい成功体験を聞く事が出来ますが、
あくまでもそれは他人のもの。

どんなに真似をしても同じ成功はしません

プロの料理人の道具と同じものを揃え、
作り方の説明を聞いたり読んだりするだけで
三ツ星レストランは開けないの同じで、
大切なのはその組み立て全体であり、
さらに言えばその「本質」なのです。

そう、このサイトのコンセプトであり
メインコピーである本質を見抜けという事です。

良く聞かれるのであらかじめ言っておきますが、
残念ですが明日から成功する方法はありませんし、
これだけやれば大丈夫という特効薬もありません。

その代わり、こうやって取り組んでいけば、
こうやって対処していけば必ず成果が出る
というノウハウはあります。

日本企業の競争力を上げなければならないという危機感を持っていますか?

事実、直近でコンサルさせて頂いた某企業の
食品ECを展開しているサイトの集客を約200%、
売上げを300%以上にまでアップさせました。

つまり、キチンと取り組めば成果は出るのです。

でも皆さんは煌びやかな成功体験の表面だけを見て
SNSを重視しろとか、広告をもっと出せとか、
もっと良い商品を開発しろとか、およそ的外れで
大切な大切なリソースをドブに捨てています。

もっと本質を見抜き、着実に積み重ねましょう。

それには多少、時間が掛かります。
2〜3ヶ月では無理です。
6〜12ヶ月は最低掛かります。

ただし、それだけしっかり育てれば
事業の柱にもなるでしょう。

きっと御社が欲しいのはその場の売上げではなく
コンスタントに上がってくる予測可能な売上げ
ですよね。

良く「そこは気がつかなかった」と言われますが、
御社の「気がつかなかった」所を掘り当てます。

私と共に歩めばデジタルの海など恐るるに足りず。
本質を見抜いて、成功の王道を歩きましょう。